松村謙三(1883-1971)

 

 南砺市福光出身の松村謙三先生は、大正6年に福光町議会議員に34歳で当選して以来、86歳で衆議院議員を引退するまで、その政治活動は半世紀以上になります。

 

 当時の砺波地方では「謙三さん」を「けんそうはん」と読み、それが訛って「けんそはん」として人々から親しまれていました。

 

 国政においては、厚生、農林、文部大臣を歴任、農地改革や日中国交回復の実現を目指して奔走され、生涯、清廉潔白を貫き、孤高の政治家として人々の尊敬を集めその功績は数え切れません。 

 

松村記念会館 収蔵品特別展 11月15日(金)~

〇選挙資料展を開催しています

 立候補ポスター、挨拶文、礼状など

松村謙三先生を伝えようフォーラム2019が開催されました

松村謙三先生を学ぶ研修会が連続開催されました

松村謙三顕彰会第42次友好訪中団が帰国しました。

 

    令和元年10月21日から26日にかけて、北京・西安・大連を訪れて 現在の

 

  生の中国を身近に感じてきました。

 

     22日には、 北京の中日友好協会を訪れ、 敏道秘書長と懇談し中日友好に

 

  対する熱い思いを感じ、懇談会では和やかなひとときを過ごしました。

 

   同日に、訪中団では初めての北京大学へ訪問をさせていただきました。

 

 熱烈な歓迎をうけ、松村謙三先生が歩かれたであろうと思いながらキャンパスを

 

 見学しました。

 注 その他の写真は下の詳細ボタンを押してください。

松村記念会館へ北京大学教授が研究に来館されました

2021年の没後50年へ向けて学術調査が進んでいます。

最近のお知らせ

「松村謙三先生の蘭を育てる」炉辺談話が開催されました

第41次友好訪中団が帰国しました。

第40次友好訪中団が帰国しました。

・松村謙三先生を伝えようフォーラム2017を開催します。

・松村謙三顕彰会第39次友好訪中団が中国を訪問しました。

・高志の国文学館で武田知己教授が松村先生の講演を行われました

・松村謙三先生没後45年記念フォーラム2016が開催されました。

・没後45年記念事業「松村謙三先生を伝えよう」の概要が決定されました。

・第39次 松村謙三顕彰会 友好訪中団員の募集を開始しました。

  中日友好協会では、歴史の証人である王效賢女史との会談を企画しています。

  王效賢先生は、松村謙三先生と周恩来首相との歴史的な会談で通訳をされた方で、ご高齢のため

 通常は公式の場には出られませんが、唯一松村謙三顕彰会の友好訪中団には毎回お顔を見せて戴き、

 貴重な歴史に残るお話を聞かせてもらっています。

・没後44年記念事業 記念講演会 の記録を掲載しました。

・没後44年記念事業 特別記念展示会 関係資料を掲載しました。

・第38次友好訪中団が友好交流と生の中国を体感してきました。

・松村謙三顕彰会第38次友好訪中団が訪中します!

・ 松村謙三先生没後44年記念事業「松村謙三先生を伝えよう」が 開催されました

・ 平成27年度 松村謙三顕彰会 総会が開催されました

・福紹会主催 第11次友好訪問団が紹興市の青年と友好交流を行いました

・松村謙三顕彰会第37次友好訪中団が中国を訪問しました

・松村謙三顕彰会第37次友好訪中団員を募集します

・福井県日本中国友好協会が松村謙三記念館を訪問しました(2014.7.3)

・松村謙三顕彰会総会が開催されました。

・中国駐在名古屋総領事が訪問されました(2014.5.22)

・南砺愛蘭会の春蘭展示大会が開催されました(2014.3.27)

・紹興市友好訪問団が松村記念会館を訪問しました(2013.11.14)

・松村謙三顕彰会第36次友好訪中団が中国を訪問しました(2013.11.8)

・松村謙三顕彰会総会が開催されました。(2013.6.18)

・北京大学の学生が松村記念会館を訪問しました